日帰り硝子体手術

当クリニックの「日帰り硝子体手術」が選ばれる理由

[理由1]世界最小の切開創27G無縫合手術が受けられる
現在の一般的な切開創は0.60・0.50mm(23G・25G)ですが、当クリニックでは0.40mmという超極小の切開創です。従来の23G・25Gでは100%全例無縫合は不可能でしたが、27Gでは切開創を縫合することなく自然閉鎖させることができます。眼球へのダメージが極めて少ないために、日帰りの硝子体手術が実現しています。
[理由2]内眼手術に精通した医師による硝子体手術が受けられる
硝子体手術では、同時に白内障手術が必要になったり、術後の合併症では緑内障の発症・感染症の心配があります。当クリニックには白内障専門医と緑内障専門医が常駐しており、内眼手術のチーム医療が確立しています。
[理由3]術後感染症予防セラピー(減菌的処置)を行なっています
カルナメドのグループ内には免疫細胞培養ができる企業(DAL社)とがん免疫治療を行なうクリニックが存在します。これらのチームと連携して免疫細胞を活用した世界最新の感染症治療を行なえる体制が整っています。

低侵襲27G硝子体手術
(MIVS-27G : Minimally invasive vitrectomy surgery 27G)

硝子体手術は、水晶体と網膜の間の空間にある病的な硝子体(出血や増殖組織など)を切除する手術です。眼科分野では最も難しい手術の1つでしたが、世界最高峰の手術装置と医師の高度な技術力が相まって、当クリニックでは日帰りの手術となっています。

※ほとんどの網膜硝子体黄斑疾患で「日帰り硝子体手術」となりますが、一部の重症疾患などでは入院をお勧めすることもあります。詳しくは、当院の医師またはスタッフへご相談下さい。

硝子体手術の実際

眼内に水を入れる器具(インフュージョンカニューラ)を固定して、光を入れる器具(眼内ファイバー)で眼内を照らしながら、硝子体などを細かく切りながら切除するための器具(硝子体カッター)を主に使用して手術を行います。透明なゼリー状組織の硝子体が、何らかの原因で「濁り」や「出血」を起こして網膜に光が到達する妨げになっています。出血などで濁った硝子体をカッターで切除吸引し、切除した分量だけサラサラの特殊な液体(灌流液)に入れ替えます。
 


採血や点滴では22~23G、献血では18Gという針の太さが使われています。当クリニックで使用する硝子体カッターの太さはそれらよりもずっと細い27Gという極細で最新のものを使用しています。


硝子体手術はこんな病気の際に行なわれます

自覚症状
・糸くずやゴミのような物が見える(飛蚊症)
・目がかすむ(霧視)
・急に見づらくなった(視力低下)
眼の状態
1.硝子体が濁っている
2.増殖膜が視力を下げている
3.黄斑部に穴が開いている
4.黄斑部浮腫で視力を下げている
5.網膜が剥がれている
原因となっている病名
1.硝子体出血、硝子体混濁、星状硝子体症
2.網膜前膜、硝子体網膜牽引症候群、増殖糖尿病網膜症、増殖性硝子体網膜症
3.黄斑円孔
4.糖尿病黄斑浮腫、網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症
5.網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、増殖性硝子体網膜症