緑内障の症状

緑内障はどんな病気?

加齢とともにリスクが高まりますので40歳以上の方は検査をおすすめします

ほとんどの緑内障は、視神経が徐々に障害され視野が少しずつ欠損していく疾患です。よい薬や手術がなかった昔とは異なり、現在は幸い失明にまで至ることはほとんどありません。ですが緑内障と診断された患者さまは一般的に一生涯を通じて経過観察が必要です。そのため「緑内障だから失明するのではないか?」との不安や心配をされているかと思いますが、ご自身の緑内障をきちんと理解した上で経過観察していくことが何よりも大切です。

当クリニックでは診断・治療はもちろん、患者さまがご自身の緑内障を理解したうえで病状を受け入れられるよう、また通院や治療が継続できるように、ご家族の方にもわかりやすく説明することを心がけています。

①緑内障の原因は?
緑内障の原因を説明するうえで、眼内を栄養する房水(ぼうすい)が非常に重要です。房水は茶目(虹彩)の後ろにある毛様体(もうようたい)でつくられ、角膜と虹彩の根本にある隅角(ぐうかく)から眼外へ排出されます。
緑内障ではこの房水の出口である線維柱体(せんいちゅうたい)が目詰まりした際に、房水が眼内から眼外へ充分に排出されず、眼球の内圧(眼圧)が上昇します。眼圧が上昇すると、眼内で圧に対して一番弱い、眼と脳をつないでいる視神経乳頭が障害されます。視神経が障害されると情報が脳へ伝わらず、障害された視神経線維に一致して視野が狭くなります。
障害を受けた視神経は二度と再生されないため、一度失われた視野は残念ながら回復しません。そのため緑内障は「早期発見」「早期治療」が何よりも一番大切です。当クリニックは早期から従来の点眼治療だけではなく、Minimally Invasive Glaucoma Surgery(MIGS:低侵襲緑内障手術)を積極的に取り組んでおります。
目の構造と緑内障に関する説明
②緑内障の発症率
緑内障疫学調査によると、緑内障と診断された方は全体の4~5%程度、約20人に1人の割合で発症しているとの報告があります。しかし実際に緑内障と診断されている方は約20%程度との報告もあり、残り80%は自覚症状がないことなどから緑内障と診断されておらず、そのため検査も治療も受けていません。
これらの方々が放置されている間に緑内障が進行し、見えなくなって初めて眼科受診した時にはすでに手遅れということがあります。このようなことを防ぐためには何よりも早期発見・早期治療が非常に重要であり、自覚症状がないからといって放置せずに、定期的に眼科を受診することが非常に大切です。

緑内障の分類
(開放隅角緑内障と閉塞隅角緑内障)

当クリニックでは『原発緑内障』『続発緑内障』を診断治療しています。

開放隔角緑内障イメージ閉塞隔角緑内障イメージ

原発緑内障(primary glaucoma)

眼圧上昇ないし視神経障害の原因を他に見いだせない緑内障です(除外診断で最終的にたどり着きます)。隅角の状態で、開放している『原発開放隅角緑内障』と、閉塞している『原発閉塞隅角緑内障』に分類します。
*開放隅角と閉塞隅角では治療が異なりますので、ご自身がどちらのタイプかを知っておくことは、非常に重要です

原発開放隅角緑内障(広義)
線維柱帯で目詰まりを起こすため房水排出が低下した結果眼圧が上昇したり、眼圧は正常でも視神経が脆弱であると緑内障が進行してしまうタイプです。眼圧が21mmHgを超える『原発開放隅角緑内障』と、眼圧が常に正常範囲内にある『正常眼圧緑内障』に分けられます。
原発開放隅角緑内障(primary open angle glaucoma :POAG)
眼圧が正常値を超えており、眼圧上昇が視神経症の発症に関与しているタイプです。眼圧など房水動態の点では原発開放隅角緑内障と共通する特徴を有しながら、視神経の緑内障性変化や視野異常の存在を欠く状態は、高眼圧症(ocularhypertension)といいます。
正常眼圧緑内障(normal tension glaucoma,normalpressure glaucoma :NTG)
緑内障性視神経症の発生進行過程において、眼圧が常に正常値におさまるタイプです。広義の原発開放隅角緑内障のうち9割以上を占めることが多治見スタディでわかりました。正常眼圧緑内障における視神経症の発症に眼圧以外の別の発症要因として眼圧非依存因子(循環障害など)が考えられています。眼圧が常に正常範囲にあることを確認するためには、日内変動や日々変動や季節変動を調べることが重要です。また眼圧変動の原因となる要因として、上記以外では体位や薬物などもあります。
原発閉塞隅角緑内障(primary angle closure glaucoma ;:PACG)
他の要因なく隅角が閉塞することで眼圧が上昇し、結果緑内障性視神経症に至るタイプです。加齢や遺伝などが原因とされています。
⇒隅角閉塞機序の分類
①相対的瞳孔ブロック(relative pupillary block)
虹彩と水晶体の間で房水流出抵抗が上昇することにより後房圧が上昇し、結果虹彩が前方に膨隆して隅角閉塞を来たす状態です。 (後房圧>前房圧、浅前房)
②水晶体因子(lens block)
水晶体の膨化により浅前房を呈します。
プラトー虹彩緑内障(plateauiris configuration)
虹彩根部が前方に屈曲し散瞳時に直接隅角を閉塞するため、瞳孔ブロックなしで隅角閉塞を起こします(狭隅角ですが、前房深度は正常です)。
急性原発閉塞隅角緑内障・急性原発閉塞隅角症
隅角の広範な閉塞により短時間に眼圧が上昇します。(緑内障発作とも呼ばれます)眼圧上昇はしばしば50mmHg以上に達し、急激な視力低下や対光反射が消失します。自覚症状として、霧視・虹視症・眼痛・頭痛・悪心・嘔吐などがあり、比較的眼科以外の救急疾患と間違われることもあります。薬物などが発作の誘因となることがありますので、閉塞隅角の方は内服薬などが問題ないかを随時主治医に確認いただくことが重要です。また緑内障発作後も、幸い視神経症の認められない症例は旧姓原発閉塞緑内障と区別して、急性原発閉塞隅角症(acute primary angle closure)と呼ばれます。
慢性原発閉塞隅角緑内障
慢性型は隅角の閉塞が徐々に生ずるために眼圧上昇はゆっくりです。急性型の自覚症状はみられないことが多く、眼圧は必ずしも高値ではありません。原発開放隅角緑内障との鑑別に隅角検査が重要です。

続発緑内障(secondary glaucoma)

他の眼疾患や全身疾患、あるいは薬物使用が誘因となり眼圧が上昇する緑内障です。まずは原因をしっかり診断し、原疾患を治療することが重要です。

ステロイド緑内障と偽落屑症候群は、特にSLT(レーザー治療)の好適応です

《続発開放隅角緑内障》
ステロイド緑内障(steroid induced)
点眼はもちろん、ステロイド内服でも起こります。ステロイドにより線維柱帯組織への細胞外マトリクスが蓄積し、結果房水流出抵抗が増加します。ステロイドで眼圧上昇しやすいかどうかは、遺伝的要因が関与しているといわれています。ステロイド緑内障のリスクファクターとしては、強度近視 若年者 糖尿病 膠原病 などがあります。
偽落屑症候群(pseudoexfoliation syndrome)
瞳孔縁や水晶体表面に白いフケ状物質が付着している状態です。偽落屑症候群はLOXL1遺伝子に関連することが指摘されており、緑内障の中でも遺伝要素が多いと言われています。この症候群では高眼圧症 ⇒ 緑内障・白内障になりやすいことが知られています
Schwartz症候群
裂孔原性網膜剥離に伴い眼圧上昇します。前房水中の視細胞外節が原因です。
血管新生緑内障(neovascular glaucoma)
網膜の毛細血管が閉塞し血流が途絶えると、虹彩や隅角に新生血管が形成されることがあります。そのため開放隅角緑内障同様房水流出が妨げられたり、周辺虹彩前癒着を形成すると隅角を閉塞させることがあります。原因として多いのは糖尿病網膜症です。その他中心静脈閉塞症などでも生じることがあります。