緑内障の治療

「緑内障=失明」という常識は古くなりつつあります

緑内障の治療は「点眼」「レーザー治療」「手術」にかかわらず、眼圧を下げることが目的です。点眼治療は様々な種類の点眼薬がありますが、系統は違えど目的は「眼圧を下げる」ことで一致しています。これらの薬は、房水産生抑制したり流出促進したりすることにで、眼内の房水を減少させ結果的に眼圧を下降させます。

眼圧下降が不十分だったり、副作用のため点眼継続が困難な場合には、レーザー治療や手術が適応となります。緑内障の種類により術式や手術時期は異なりますが、急速に眼圧が上昇する「急性閉塞隅角緑内障」は早期治療が必要です。

一方、ゆっくりと眼圧が上昇してくる「慢性緑内障」では開放隅角であれば点眼やレーザー治療し、効果不十分な場合には手術をしています。どちらの緑内障の場合も手術の基本は、房水の流れをよくすることで眼圧を下げることです。

1. 薬物療法 
1日1回の点眼薬もあります

緑内障のタイプ・重症度・眼圧の高さなどに応じて点眼薬を処方します。飲み薬もありますが、全身の副作用が強く出ることがあり、内服できない場合もあります。眼圧を下げる点眼薬は病状を維持するために使用しますので長期的に処方いたします。

なお副作用が出てしまい、どうしても点眼の継続が困難な場合には担当の医師にご相談下さい。また何種類もの目薬を処方されている方でついつい点眼を忘れてしまう方がいらっしゃいます。最近では1日1回だけ点眼すればよい目薬も出てきましたので担当の医師に相談してみて下さい。

2. 緑内障レーザー治療(SLT) 
手術の回避・遅延や点眼を減らせる治療です

  • 治療時間はわずか5~10分程度です
  • 痛みはほとんどありません
  • 合併症がほとんど無いため繰り返しの治療が可能です
  • 治療費用(片眼)/(保険適応3割負担)約27,000円
        (片眼)/(保険適応1割負担)約9,000円

SLTは入院が不要な最新のレーザ治療です

開放隅角で眼圧が高い方がよい適応です。また点眼を忘れやすい方や、色素沈着・多毛・上眼瞼溝深化などの副作用で点眼治療できない方、刺激感やかすむため点眼しづらい方もよい適応となります。

外来にて点眼麻酔を行ない、5~10分程度で終わります。治療に伴う痛みはほとんどありません。副作用としては一時的に虹彩炎や眼圧上昇などがありますが、大きな合併症はみられていません。またSLT後も点眼治療や手術治療への影響もありません。また眼圧が再上昇した場合はSLT追加を行なうことも可能です。

生体を傷つけない安全で優しい治療法です

SLTは線維柱帯から房水が流出しやすくなるように、線維柱体にレーザーを照射することで眼圧を下げる治療です。古くから同様の方法としてALT(アルゴンレーザー線維柱帯形成術)という治療がありましたが、線維柱帯の組織を破壊してしまい虹彩後癒着などの合併症を引き起こす欠点がありました。

しかしSLTは色素細胞だけを標的としエネルギーもALTと比較しても圧倒的に少なく、組織破壊を伴いません。そのため合併症がほとんどないため施行しやすく、また効果減弱時は繰り返し治療を行なう事も可能です。

繊維柱帯組織の比較

緑内障治療の問題点の一つに点眼アドヒアランスというものがあります。どうしても緑内障治療では点眼の種類が多くなり、点眼を忘れてしまったり、怠ってしまう患者さまもいらっしゃいます。実際に4種類もの点眼をされている方もいらっしゃると思います。最近になって点眼回数が少なくなったり、2種類の点眼を1種類にまとめた配合剤なども登場してきましたが、長期にわたる点眼継続が必要である点は変わりません。

SLTにより手術を回避したり遅らせたり、また点眼を減らせるケースもあるという点でも非常に優れた治療といえます。

3. トラベクトーム手術療法 
症状の進行を遅延させる効果的治療です

  • 手術時間はわずか5分程度です
  • 点眼薬が長期的に不要、もしくは低減されます
  • 健康保険適用の日帰り手術です

レーザー手術療法で十分な効果が得られなかった時に、トラベクトーム手術療法を行ないます。ですが、早期の緑内障にも有効な治療法です。1.7mmの切開創しかつくりませんので、侵襲が極めて小さく、目へのダメージがとても少ない手術です。

このトラベクトーム手術療法は、厳しい認定試験をクリアした医師のみが行なえるものです。この資格を北海道で初めて取得したのが、高柳総院長です。アメリカでは、点眼薬を長期的に使用しなくても済む治療としても活用されています。トラベクトーム手術療法後、目標眼圧を維持しながら視野の変化がなければ点眼薬は不要です。

高柳総院長は、日本トップレベルの400例以上の治療経験があり、約3割の症例で点眼が不要となっています。残り7割の症例では、3種類の点眼薬が2種類へ低減、2種類の点眼薬が1種類へと低減された症例となっています。また、再度眼圧が上昇する症例では、インプラント手術(房水を排出する管を移植)を追加することもあります。

トラベクトームのシステム

ハンドピース
●トラベクトームのハンドピースは、灌流・吸引機能とバイポーラ電極(アクティブ電極とリターン電極)を組み込んだ、単回使用のディスポーザブルタイプです。
●灌流・吸引・焼灼は、専用のフットスイッチによりコントロールできます。

承認番号:22200BZI00019000  クラス分類:Ⅲ 高度管理医療機器