オルソケラトロジー

角膜のコルセット効果


特殊なデザインを持つ高酸素透過性コンタクトレンズを寝ている間に装着して、角膜の形を変化させて「近視」「乱視」を矯正します。角膜は柔らかく、新陳代謝が活発な組織です。その特徴を利用して角膜の形を「くせづけ」します(コルセット効果)。朝起きて、コンタクトレンズを外しても、日中は良好な視力を保つことができます。

治療の特徴

❶特殊なレンズを睡眠中に付けるだけ
❷レーシックのような外科的手術ではありません
❸手術ではないので治療を止めると元の眼に戻ります
❹特に成長期のお子さんの近視進行を抑制します

こんな方におすすめです

メガネやコンタクトの煩わしさから解放されたい方に

日常生活でのメガネ、コンタクトレンズ装用は、時として不便を感じるものです。 メガネをかけることの煩わしさや、「眼にゴロゴロと異物感を感じる」「夕方になるとどうも眼が乾く」 といったコンタクトレンズの不快感から解放されたい方に、そして「花粉症」などコンタクトレンズの装用が困難な方にもおすすめです。

スポーツを存分に快適に楽しみたい方に

スポーツ中にメガネは邪魔なものですし、「ホコリで眼が痛くなる」「眼が乾く」など、従来のコンタクトレンズにも不便はあります。オルソケラトロジーはスポーツをストレスなく楽しみたい方、とくに中学・高校の部活動では本格的に激しい運動になり、メガネを破損する機会も多くなります。また、水泳、サーフィン、スキーなど、ゴーグルを必要とするスポーツを楽しむ方にもおすすめです。

レーシックなどの屈折矯手術に抵抗がある方に

手術によって視力を改善する「レーシック手術」などの屈折矯正手術に対して踏み切れない方も多いのではないでしょうか? 手術によって角膜を削るなどしてしまうと、眼を元の状態に戻すことはできません。オルソケラトロジーは手術ではありませんので、専用レンズの装用を止めることで、一定期間のあとに角膜は元の状態に戻ります。

近視矯正の仕組みは動画をご覧ください

※別サイトへアクセスします

治療の流れ・治療費はこちらをご覧ください


[PDFが開きます(867KB)]

オルソケラトロジーについてのQ&A

  • Q. 昼間はメガネもコンタクトレンズもつけなくて大丈夫なんですか?

    qa-ortho-01はい。
    日中はメガネやコンタクトレンズをつけずに生活ができます。裸眼の生活を楽しんでください。

  • Q. 寝ている間にオルソレンズをつけていて大丈夫なんですか?

    はい。
    高酸素透過性レンズなので問題ありません。また、外出時に比べるとホコリやゴミが眼に入ることもないので、より安全だといえます。

  • Q. 治療の効果はどのくらいで現れますか?

    qa-ortho-02もちろん個人差はありますが、だいたい3~7日間くらい毎晩装用すると、裸眼視力が終日1.0近く、あるいは1.0以上になります。
    また、1時間ほどの装用テストで裸眼視力0.1が、1.0以上になることも稀ではありません。

  • Q. 子どものほうが特に効果的というのは本当ですか?

    qa-ortho-03はい。
    角膜の形を変える治療ですので、新陳代謝が活発で、やわらかい角膜を持つお子さんの方が、優れた治療効果を発揮します。

  • Q. 視力が0.1以下ですが、効果はありますか?

    視力が0.1以下の場合も治療は可能です。ですが、0.1以上の方に比べると治療期間が長くなる場合があります。

  • Q. オルソケラトロジーでどうして近視が良くなるのですか?

    qa-ortho-04近視は、眼に入ってきた光が網膜上で焦点が合わずに、網膜よりも手前で焦点が合う状態です。これをオルソレンズによって角膜表面の形を変えて、網膜上に焦点が合うようにすることで、視力が回復します。

  • Q. 老眼も矯正できますか?

    いいえ。
    近視と老眼を同時に矯正することはできません。老眼を治す治療方法は他にありますので、医師にご相談ください。

  • Q. 治療効果がでないこともありますか?

    ごく稀に、治療を続けても効果の出ない場合があります。角膜がうまく矯正されない場合には、治療を中止しますが、眼はすぐに元の状態に戻りますので心配は要りません。

  • Q. オルソレンズのケアは難しいのでしょうか?

    qa-ortho-05通常のハードコンタクトレンズと同じで簡単です。眼科医の指示通りのスケジュールを守り、装用マニュアル通りに扱えば良いだけです。