眼内レンズ

生活に適した眼内レンズを選びます

眼内レンズには、「単焦点」「多焦点」という2つの種類があります。単焦点レンズは、ピントの合う距離が1つで、そのため選んだピント以外の距離を見るためにはメガネが必要になります。多焦点レンズはピントの合う距離が複数で【遠近両用=2D】と【遠中近3用=3D】のレンズがあります。
単焦点眼内レンズの見え方と多焦点眼内(3焦点)レンズの見え方の違い

単焦点眼内レンズについて

単焦点眼内レンズでは、例えば「遠く」に焦点を合わせた場合、手元には焦点が合いません。ですから、「近く」を見るときにはメガネが必要となります。上の左写真では、遠くのビルや信号はよく見えていますが、手元のガイドブックはかすんでいます。

多焦点眼内レンズについて (2D多焦点眼内レンズは先進医療に該当します)

2D多焦点眼内レンズは遠方と近方の2焦点なので、遠近両用メガネのような眼内レンズです。上の右写真は、3D多焦点眼内レンズの見え方の例です。「遠く」や「近く」のガイドブック、「中間」の標識までもよく見えています。2Dレンズは、40~70cmの視界距離はカバーしてくれませんので、デスクワークやパソコンを使用する時にはやや不自由でした。そうした2Dレンズの弱点をカバーしてくれるのが3Dレンズになります。

 

眼内レンズの選択は担当医師とご相談ください

複数の焦点が得られる多焦点眼内レンズは、1焦点しか得られない単焦点眼内レンズよりも格段に優れているというわけではありません。当クリニックの手術後のアンケートでは、単焦点眼内レンズの手術を受けた方の多くが「十分に満足している」と回答しています。欧米では、多焦点眼内レンズは「プレミアム眼内レンズ」と呼ばれていて、満足度の高い単焦点眼内レンズに付加価値(=プレミアム)を与えたものだと認識されています。

単焦点レンズと多焦点眼内レンズの同距離の見え方を比較すると、多焦点眼内レンズの見え方の質はやや低下するところがあります。ですが、多焦点眼内レンズは複数の距離でピントが合いますので、スポーツや料理など、趣味を楽しむ時にメガネが不要となる機会が増えるようになります。メガネから解放されて、生活の質(QOL)が高まるというメリットがあります。

当クリニックでは、医学的根拠に基づいたそれぞれのレンズのメリット・デメリットをきちんとご説明して、単焦点・多焦点のどちらのレンズにするのかを選択していただいております。

 

当クリニックでは以下のレンズを使用しています
  • 単焦点眼内レンズ
  • 乱視補正・単焦点眼内レンズ
  • 多焦点眼内レンズ
     2Dレンズ(遠近)、3Dレンズ(遠中近)
  • 乱視補正・多焦点眼内レンズ
     2Dレンズ(遠近)、3Dレンズ(遠中近)

眼内レンズについてのQ&A

  • Q. 誰でも多焦点レンズの適応になりますか?

    多焦点眼内レンズは、誰にでも最適というわけではありませんので、精密検査を行なって手術の適応を判断いたします。患者さんの生活スタイルによっては、多焦点レンズよりも単焦点眼内レンズの方がメリットがある場合もあるからです。

  • Q. 近視でも多焦点眼内レンズの手術を受けられますか?

    多焦点眼内レンズを入れると「遠く」が良く見えるようになり、強度近視の方は手術の成果に満足される方が多くいらっしゃいます。

  • Q. 多焦点眼内レンズの手術を受けると、もうメガネは要らないのですか?

    100%不要にはなりません。眼内レンズは「万能レンズ」ではありませんが、メガネやコンタクトから解放される可能性は高くなります。多くの方が良好な「遠方」視力を得ることができますが、長時間の読書や長時間な車の運転、夜間の運転をする時にはメガネが必要になることもあります。

  • Q. すでに単焦点眼内レンズが入っていますが、多焦点レンズに変えられますか?

    すでに白内障手術によって単焦点レンズが挿入されている眼に、Add-Onレンズを挿入して「遠方」や「近方」に焦点を合わすことができます。

    Add-On(アドオン)レンズについてはこちらから>>