白内障治療(手術について)

痛みのない日帰り手術は約10分で終わります

点眼による麻酔で行ないますので、手術中は医師と会話しながら進んでいきます。手術は約10分で終了し、痛みも出血もありません。入院をすることもなく、普段通りの生活がすぐに始められます。当クリニックの手術は出血もありませんので、ワーファリン(抗凝固薬)など出血を止めづらくする薬を内服している方は、薬を中止する必要もありません。


当クリニックの常識を覆す、最先端白内障手術 〜眼帯不要 日帰り両眼白内障手術

高い技術による両眼同時手術

手術の傷を小さく、眼に負担のない「両眼同時低侵襲手術」を当クリニックでは行ないます。この低侵襲手術によって、次のようなことが可能になります。

手術後は眼帯不要(視力がすぐに回復)

帰宅後すぐにテレビ視聴が可能

翌日から洗顔・洗髪が可能

眼帯不要手術を受けられるのは、札幌と釧路の高柳眼科だけです

手術直後から眼帯をすることなくすぐに見ることが可能な手術を実現にするには、医師とスタッフの高い医療技術が必要となります。

当クリニックは・・・・・、


❶ハイ・ボリューム・サージャン(high volume sergeon)による手術です。

高柳総院長は、1万8,000例を越える手術数実績を持ち、さらにその実績を日々更新しています。

※通常の手術数よりも多くの手術を経験し、継続している術者のことをハイ・ボリューム・サージャンといいます。

❷最新の安全手術システムによる手術です。

高柳総院長の30年に及ぶ手術実績に基づく技術革新と、最新の医療機器の組み合わせによって、高度で安全な白内障手術を実現しています。

  1. 無痛手術です
  2. 抗不安薬は使用しません
  3. 執刀医と会話しながらの手術です
  4. 手術はわずか10分で終わります
  5. 超早期回復手術(眼帯不要・手術直後から見えます)
  6. 日帰り手術です
  7. お一人で来院・帰宅が可能です

手術後の洗顔・入浴について

白内障手術による生活制限

手術費用はこちらから>>

多焦点眼内レンズで老眼も同時に治ります

眼内レンズは、水晶体のあった場所に挿入しますので違和感はなく、一度挿入すると半永久的に使用できます。つまり、すっきりとした視界を半永久的に取り戻せたことになります。

眼内レンズには、「単焦点」「多焦点」という2つの種類があります。遠近や中間距離にもピントの合う多焦点レンズの挿入によって、白内障の手術の〝ついで〟に老眼も治すことが可能になりました。単焦点眼内レンズは健康保険適用ですが、多焦点眼内レンズは自由診療になります。

多焦点眼内レンズを挿入する治療は先進医療に該当します

「多焦点眼内レンズ」手術は、その安全性有用性が厚生労働省に認められて2008年7月より先進医療眼科手術として承認を受けています。多焦点眼内レンズは自由診療で全額自己負担の治療ですが、生命保険や医療保険で[先進医療特約]を付加している患者さまは、保険給付の対象となります。

当クリニックでは『先進医療届出施設』ですので、全国でもトップレベルの『多焦点眼内レンズ水晶体再建手術』の実績を行なっております。

眼内レンズについてはこちらから>>

白内障とはどんな病気?

suisyoutai白内障とは、年を重ねると白髪が増すように、加齢によって眼のレンズ(水晶体)が濁ってくる病気です。透明な水晶体が濁り、網膜に光が届きにくくなることで「物がかすんで見える」「まぶしくなる」「暗いと見えにくい」といった症状が現れるようになってきます。このような病状が進行して日常生活に支障がでてきた場合には、濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズを挿入する手術を行ないます。白内障治療の詳細については、下の動画をご覧ください。


白内障の治療に関する説明動画

白内障治療(手術について)についてのQ&A

  • Q. 手術を受けるのはいつ頃がいいの?

    視力検査などによる決まった数値はありませんので、ご自分で日常生活に不便を感じはじめた時です。強いて例をあげますと、車を運転する方、またそれを職業にしている方は、矯正視力が0.7以下になったときには手術をおすすめします。

  • Q. 手術は早い時期がいいの?

    白内障は病状が進行すると合併症が怖い病気です。また、白内障が進みすぎるとレンズが溶け出して炎症を起こしたり、眼圧が上がって緑内障になったりします。さらにひどい時にはレンズが目の底に落ちてしまうこともありますので、早めの手術をおすすめします。

  • Q. 糖尿病だと手術ができないの?

    糖尿病でも手術は可能です。むしろ白内障を進行させてしまうと、糖尿病網膜症の管理が難しくなり、適切な治療(レーザーによる光凝固治療)がしづらくなります。ですが、糖尿病の管理が著しく悪い方は手術は出来ません。

  • Q. 手術後もメガネは必要ですか?

    選択する人工眼内レンズの種類や度数によります。最新の3焦点レンズを挿入した場合は、遠近だけではなく、中間の距離も見えますのでメガネは基本的に不要になります。

  • Q. 目に入れる人工眼内レンズはどのくらいもつの?

    眼内レンズは半永久的に使用できますので、一生交換することはありません。ですが、極めてまれに術後眼内炎が生じた際には、レンズを取り出さなければならいことがあります。

  • Q. 後発白内障って何ですか?

    後発白内障は本来の白内障ではありません。人工眼内レンズを支える(水晶体のう)という膜が、手術後しばらく時間が経過すると徐々に濁ってくることをいいます。これはレーザー治療ですぐに治ります。本来の白内障は一度治すと、再発することもありません。